engineer diary

エンジニアの日々の感想です

今年のクソゲーオブザイヤーはRPGツクレナーイらしい

RPGツクールMVがクソゲーオブザイヤー2018に選ばれそうらしい。

anihatsu.com


約10年前、中学生の頃にRPGツクールにはまっていた。
RPGツクールXPだったかな?

RPGツクール XP

RPGツクール XP

もちろん、プレイ不可能なバグはなかったし、
兄も一緒にやっていたので
作ったゲームをお互いにプレイし合ったりなんかして、いい思い出しかない。
(兄はファイナルファンタジーXRPGツクールで再現していた笑)
昔はRPGツクール作のフリーゲームも多く、よく遊んでいたなぁ。

そもそも、RPGツクールでプレイできないほどのバグが出る意味が分からない。
これまでのエンジニアが全員辞めたぐらいじゃないと起こらないのではないかな。
ソースを流用したけど、誰も理解できる人がいない、みたいな。

ggglog.livedoor.blog
waranote.livedoor.biz


クソゲーオブザイヤーのWikiを見てみようと思う。

koty.wiki

かなり酷い。
以下抜粋。

●低評価点
問題になるのは大きく分けて下記の三点。
1.ロードが長くてやる気がツヅーカナイ。
2.UIに対する操作方法がお粗末で誤操作連発ツカーレル。
3.バグ満載でゲームがツクーレナイ。

そしてバグの扱いですが、とある有志の方では個人で500項目近いバグ数を上げており、実際その程度の数はくだらないとプレイしていて感じるレベルです。
バグを一つ一つ検証した上でそのバグをクソゲーの要素として語るには数が多すぎるため不可能であり、またその必要もなくクソゲーとして語れると判断し、バグについては全ての検証は行っておりません。予めご了承ください。

アイテムの説明欄等明らかに改行可能な部分で改行できない不具合らしきものを、公式で「仕様」と言いきる。
他人の作品をDLすると自分の作品データに干渉してくるといったバグも存在し細かい謎や不満点も後を絶たない。
UIの操作性のクソさ、多大なロード時間、バグの嵐…。
これで大半の初心者ツクラーの夢を打ち砕き、これらを掻い潜ってゲームをツクろうとする猛者ツクラーすらもセーブデータ破壊バグで無に帰す。
ここで公式の謳い文句をもう一度確認しよう。
RPGツクール」は、
「プログラムを覚えないでゲームを作りたい」
「誰もが簡単にゲームを作ることはできないか」
そうしたユーザーの思いをかなえるために生まれた、簡単にオリジナルRPGを作ることができるソフトです。
もはやこの物体は一体なんなのだろうか。何のために生まれたのか。
その答えは少なくとも私には見つかりそうもない。

ここまでのバグは(テストすれば絶対分かるような)もはや確信犯であるし、
発売後に修正すれば問題ないだろう、という精神が透けて見える。
物には限度がある。
ここまでの失敗をしてしまった以上、次回作が売れることはないと思う。
昔、RPGツクールを楽しんだ身としては、悲しい気持ちもあるが、それよりもこんな製品を出したことを反省してほしい、という気持ちが強い。
これを反面教師に、何か得られるものを探すことにしようと思う。


RPGツクールMV Trinity - PS4

RPGツクールMV Trinity - PS4

RPGツクールMV Trinity - Switch

RPGツクールMV Trinity - Switch